FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

フィルムとデジタルの大きな違いX-Pro1

今日もX-Pro1の作例というかレビューみたいになってしまいましたが・・・w


どこからともなく、NHK歌謡コンサートの歌声が聴こえてきた。

何ていう曲かは知らないけど、「生きているということは誰かに借りをつくること、生きていくということはその借りを返してゆくこと・・・」という曲。おそらく昔の曲なんだろうけどその時代にこのように思えることは素晴らしいことである。逆に今、損得だけを考え過ぎてそれが出来とない人達はとても惨めである。

さて、カメラが新しい機種になる度にやはりクセが異なります。
それがデジタルカメラ。いろんなメーカのデジカメを使いますが、どのメーカも新型が出るとやはり良い意味で変わっています。撮ることよりも似せることに戸惑うことは多いです。

こういう条件では「こう撮れば良い!」っていう経験が薄れるほど、変わる度合いが強いんですよねデジタルカメラって。フィルムはそうでもないのですが・・季節ごとに毎年上手になって行く気がするんですが、デジタルカメラってどこのメーカのカメラを使っても機種が変わる度に違っていて・・・。だから、良い意味で最新機種を使いこなしていくほうが都合が良いw


ちょうど、ブルームがのってきた葡萄の写真を1枚。(青森にて撮影)

スチューベン葡萄
FUJIFILM X-Pro1

これはスチューベンという葡萄で、黒でもなく赤でもなくちょうど中間の紫色なんですが、まだ収穫に早いそうでもう少し黒くなってから収穫するとの事でしたが、色調の加減がさすがFUJIFILMと感心しました。表面の白い粉状のものはプルームといい葡萄の美味しさをあらわすバロメータでもあります。人の肌が紫外線などから肌を守る脂のようなもので、実を守るためのものであるようです。


都会では、毛マメの売上げは伸びないという。理由は、表面の色が茶色っぽくて毛が・・・ってな見た目の理由。
同じように、このブルーム(白い粉状のもの)が表面についた葡萄は、もっとも熟しており新鮮である目安にもなるし、鮮度を保っているという見方も出来るのですが、都会はではだめなのでしょう・・・。ツヤツヤした方が良いのでしょう。いや、独自のマーケティングによるとそのようですw差を隠すための売り手の策略も!?!?w

この、人間の心理により商用写真ってのも日々変わっているものと思っており、同じ被写体であれ日々~毎年ニーズは変化していくと読んでいます。このような食材だけじゃなくウェディングだろうが何だろうが・・・w



いろんなものを撮ってきて今日。
これはひと回り小さなFUJIFILM X-E1とレンズを予約したいところです。



 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo

Author:K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo
仕事で青森県内~東北地方をぐるぐるしています。
写真中心のブログはこちら
http://quattropho.exblog.jp/
青森県内の写真ブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。