FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

写真を鮮やかに撮る方法

デジカメになって写真を容易に撮ることが出来る現在。

写真を鮮やかに撮る時に、カメラのセッティングで鮮やかモードで撮っていませんか!?
確かに鮮やかにはなるけど色が実際と違ったり、色に違和感を感じていることも多いのではないでしょうか。

今回は別な方法で写真を鮮やかに撮ってみました。

みつばちとラベンダー
Photo by QuattroPhoto&taka,PIXTA

どうすればこのように撮れるか解説をしてみたいと思います。

写真は「光」が全てです。
「光が強いか弱いか」や「光の角度」でもまるで「色の強さ」が変わります。
自然界では太陽の角度や大気の違いetc.様々な光の条件があります。

カメラのせいにしていませんか!?!?

違うんですw

カメラ(デジカメも)は、光の条件がもっとも良いときに目で見た印象と近い適正な写真、もしくは普通(綺麗に)写るようになっています。それがフィルムメーカやデジカメのメーカーの基準です。それはメーカによってデフォルトのセッティングが異なります。つまり味付けが違い皆好みは様々でしょう。安価なものほど!?光の条件が悪いときでも色を出やすくしている傾向が強いなどの機種もありますが、最近はどこのメーカでもほぼ同等近い発色傾向にあるように思います。

本来であれば、色を捉える(記録する)べきものなのですが、実はデジカメでも捉える色は弱く、映像エンジンというものでプラスにしているという技術的な話を聞きました。鮮やかなんだけど違和感があったり人工的な色といわれるのはそのためです。

ではどうすれば自然に鮮やかに撮れるかとすれば、「撮る人」が光を捉える必要があります。
そして足りない部分をカメラ操作で修正する必要があります。


写真をよ~く見ると。光はほぼ横に近い斜め方向からの光です。微妙な角度で色の強さは変化します。
そしてラベンダーの色は、本当の色よりも赤味がかっています。ラベンダーの色と違うのでは?!はい、その通りなのですが、違和感はそれほどでも無いようにも見えます。この辺の話になると人それぞれの感じ方になってしまいますが・・。


実際のところ、光の様々な条件な訳ですが、


写真を鮮やかに撮るひとつの方法

「夕方の太陽光は色を強くしてくれます」
「光の強さはもちろんですが、角度が重要」

あとは見た目の印象~カメラ側の操作

夕方は場合によっては赤くなりすぎるので、
「ホワイトバランスは適度な色温度にする」
「被写体の色調によって露出補正をする」

実は、これらはカメラの基本操作なのです・・・。

以上

それでも駄目な条件なら色を強くしたり鮮やかモードにしたりコントラストまで変えたりする必要が出てくる訳ですが、その度合いによって写真に違和感が出てくるわけです。

自然を撮ると、光の条件が揃う場面ってなかなか少ないんです・・・

ちなみにこの写真は、EOS 5D Mark2 で撮影。

もっともこのクラスのカメラ、またはこのクラス以下のカメラならば、NIKONの方が素早くホワイトバランスの操作や露出の変更が出来る操作系なのでNIKON機の方が素早く的確に撮れる確立が高いです。




 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo

Author:K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo
仕事で青森県内~東北地方をぐるぐるしています。
写真中心のブログはこちら
http://quattropho.exblog.jp/
青森県内の写真ブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。