スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

X-Pro1 vs X-E1 辛口レビュー!?

背面液晶を使ってのマニュアルフォーカスは明らかにX-Pro1の方が見やすい。
ドット数が違うから当然なのでしょうが、それ以外に何かが違う印象のX-E1、それだけは残念かもしれない。しかし、ファインダーは有機ELだ。

いろんなレビューブログが存在するので簡単に!

画質はどちらもAPS-C全機種の中では最高レベルという評価の両機。そう、どちらも最終的な写真を念頭に置いた上でのデジタルカメラ(ここは重要かと)という意味合いではFUJIFILMのXシリーズの名に恥じないモデルであることは間違いところでしょう。

さて、同じFUJIFILMのミラーレスカメラで先に発売された最高級機種X-Pro1、そして後に発売されたX-E1の画質、センサーや画像処理エンジンやAF等レスポンスは同じとの事だが、X-E1となり進化している部分と省かれた部分がある。

細かなところはメーカサイトでご確認頂きたいとして > フジフィルム

ちなみに使い勝手の部分で、AF性能はファームアップしたX-Pro1(Ver.2)とX-E1とは同じ印象です。書き込み速度も同じ印象、スイッチ類は若干硬質になった印象(X-Pro1は軽すぎ)、背面液晶の色も正確(ドット数が減った分だけコントラストが若干キツく感じるかも知れないが、これは並べて比較した訳ではない)。


背面液晶を使ってのマニュアルフォーカスは明らかにX-Pro1の方が見やすい。マニュアルで一発でピントが合う機種って他のメーカでもそう存在しないと思います。大きさは見ての通りでX-E1はひと回り小さくなりました。この手の小型で軽いミラーレスはグリップどうこう様々な意見やニーズがあることでしょう。しかし、大きくて重い一眼レフと違って、いくらでもカメラにあわせられるサイズと思います・・・人間の手とは順応性に優れているのではと思いますw

簡単に書くつもりが長くなってしまいましたのでこの辺で・・・。

超高感度撮影 X-E1 + XF18-55mm ISO25600 そのままJPEG。
夜なのに夜に見えません~手持ちの撮影。

X-E1高感度ISO25600写真


なんだかんだいっても、このシリーズのカメラは撮影するのが楽しくて他の欠点を忘れてしまいます・・・・

2012年早々からX-Pro1、そして発売して間もないX-E1と、良い出会いをしたものです。



 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka
スポンサーサイト
プロフィール

K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo

Author:K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo
仕事で青森県内~東北地方をぐるぐるしています。
写真中心のブログはこちら
http://quattropho.exblog.jp/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。