裏技 X-Pro1でAFを良くする方法

ある簡単な方法でX-Pro1のAF特性が良くなり、AFが合いにくかった被写体でも合いやすくなる事を発見しました。その前に・・・

さて、旅先での記念の1枚として食べ物写真は大切である。
例えラーメンだとしても・・・w
深浦千畳敷海岸


撮影の時はいつもお世話になっている店「田中食堂」。
海の家


X-Pro1で食べ物を撮ろうものならAFの特性を覚えていないと合わなかったりすることも多い。ピンを置きたい場所ではなくAFが合いやすい場所を探してしまいますね。事実、ネット上でそのような声を多く見かけるわけで、画質が素晴らしいだけに改善を望む声は多い。こちらのサイトによると2012年9月5日にファームウェアのバージョンアップにより改善されるようです。どの程度改善されるのか楽しみですが・・・。

さて、

AF-SでAFが迷ってなかなか合ってくれない場合の対処~回避方法をご紹介します。

是非一度試して頂きたいと思います。

1.本体前面レバーをAF-SではなくMにする。
2.シャッター半押しではなく右手親指部分の[AE-L・AF-L]ボタンでAFする。
 (Mなのでシャッター半押しでAFは動作しません)

たったこれだけです。

因みにファームウェアは現時点の最新Ver1.11(2012年7月11日更新)にしておいてください。念のためレンズのファームもバージョンアップしておくことをおすすめします。


上の写真の通り、ほとんど明かりの入ってこない所でもAFが迷うことなくこれだけ綺麗に撮れますw
中華そば
実際試すと気付くが、あきらかにAFのアルゴリズムが違います。


おまけ
いか


今日のフォト4枚は、FUJIFILM X-PRO 1 + XF35mmF1.4 R

この後、なかなか素敵な写真が撮れました。
それはこちに掲載 > 深浦千畳敷海岸



 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka
NEXT≫
プロフィール

K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo

Author:K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo
仕事で青森県内~東北地方をぐるぐるしています。
写真中心のブログはこちら
http://quattropho.exblog.jp/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード