スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

表現の灯り points&lines

弘前市アートスペース創出事業 「表現の灯り―points&lines―」

市民参加型の新しいアートプロジェクトです。


例えば、

こんな写真をプロジェクターで投影

表現の灯り points&lines


他にも、多くの方々の作品が・・・。






 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka
スポンサーサイト

ルネスに白神写真コーナー

青森NPOエコリパブリック白神harappaシーソー プラス=『白神写真嵐』w

弘前青森)のルネスアベニューB1に出来たパタゴニア正規取扱店アウトドアショップ「ランキング」で白神写真嵐の6名により白神山地写真コーナー・・・

昔のマザーツリー

アクセスマップ

大きな地図で見る


harappaシーソーとは > NPO harappa シーソー活動ブログ

エコリパブリック白神とは > NPO法人 ECOリパブリック白神

 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka

本にも載らない秘密の思い・・

それは未来

相手へのためが自分にかえってくる当たり前の法則…

この本に私のインタビューとフォト載りました!
PIXTAの本
感謝の写真と素敵な言葉と
感謝の気持ちをこめて撮ったフォト

嬉しいやら何やら複雑な気持ちです正直・・・


下記はインタービューとは直接関係ないですが、いま思うこと、感じていることです。


そんなイメージ・・・



「今できること」=一般的に周囲の平均から見れば無駄に感じることも多いのかもしれませんが、成長していくためには必要なことと思います。自然は常に動いているし人は進化してますからねw 無駄なことはないのかと。

売るためにはニーズが一番であり、現状もしくは今後も人物であったりモノであるかもしれません。そのなかにもピンからキリまであると思いますし、そこに向かっている方は多いと思います。が、結局は自然と人々が共存していく上で必要な過程でしかないとも思います。つまりは、風景も人物もすべて必要な写真と思います。また、自然があったの人ですし・・。

より多く稼ぎたい=多くのニーズに応える→今は人物などが必要。

???=○○○ → 自然風景 でも売れる。


自然風景でニーズに応える成功の法則は未だに正直わかっていませんが、感謝することでふと気づくというか閃くことがあるのは確かかもしれません。わからない理由のひとつは、常に自然は動いている=人の考えも日々変わる=周囲は進化しているから。

今までは、カレンダーに使われそうな綺麗な写真や珍しい写真なども売れてきたのかもしれません。これからも売れると思います・・・。が、そこに自然という大きなベースに暮らすいろいろな人々の思いがあるのは確かです。



無くなっていくかもしれない自然

守らなければならない自然

希望をイメージできる自然

その感じ方は人それぞれで、すべて必要な写真かと思いますが・・。

現在、間違えていること、問題になっていること、間違えているかもしれないこと、それらを変えていきたい方向に導くイメージや理想や希望・・・そんな風景写真は今後もニーズはあるのではないかと思っています。


その風景に人がいることで、さらにイメージが強くなるので、より売れると思います。。

日常や未来の風景やそこにあるモノや考えや人などライフ的な写真がぶらさがっているのは今も昔も未来も変わらないことと思います。同じく、今後のニーズであると思います。


ひとつだけわかっていることは、その写真をWEBサイトなどに使った場合に、そのWEBサイトはどうなる可能性を秘めているのか。

WEBサイトを制作する立場の人達がどういう思いでそれを制作するのか、WEBサイトをどう活用させたいのか。もしくは、WEBサイトの作成を依頼したユーザはどうしたいのか、どうなったら良いのか。最終的にはそのサイトを利用するコンシューマが喜ぶこと、感謝されること。

綺麗に撮ることも正確に撮ることも、プロ並みやそれを超える写真はたくさんあると思います。デジタルになってからはプロとアマの差は無いに等しい・・・。では何か・・・・・。その写真1枚に何かエッセンス的なものがあると良いと思っています。そのエッセンスとは何か。技術と感覚、両方なら良いのは間違いないですが、それプラスですかね。


依頼されて撮る写真は、人vs人であり、そこにはその日その時で変化するお互いの妥協もあることが多いと思う。その逆もあると思う。しかし、それはひょっとして過去の写真なのかもしれません。

ストックフォトの場合は、「撮る側の感覚と使う側の感覚」がその時に一致した時だけの瞬間的なものがあるような気がしています。

ちょっと未知のイメージを語っていますが・・・。

一部そういう考えもあるのかと軽く考えて頂ければ幸いです。・・・

映画やドラマはその時に流行しないといけませんが、ストックフォトはストックされています。今、売れなくても将来売れる写真もあるのではないかと思っています・・・

ヒメジョオン


未来をイメージできていればなおさら・・・

ストックフォトサービスはひとつだけじゃないですし・・・


ではまた!


 このブログに掲載している写真の中で、写真素材として利用可能なフォトはこちらから入手可能です。
 >>> 高精細・高解像写真素材 (加工は自由です) taka
プロフィール

K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo

Author:K2 & GREEN PLANET & quattroooo & taka & A-photo
仕事で青森県内~東北地方をぐるぐるしています。
写真中心のブログはこちら
http://quattropho.exblog.jp/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。